ブラックが消えてキャッシング可能になるまでの期間とは

いわゆるブラック、つまり個人の信用情報に事故情報が記載されてキャッシングができない場合、消えるまでにどの位の期間が必要なのでしょうか。まず3か月以上の延滞情報ですが、これは5年ほどかかります。
他に債務整理の場合は、任意整理がやはり5年間で、自己破産になるともう少し長く、7年を見ておく必要があります。ただし、この期間はあくまでも目安です。事故情報があっても、定収入があれば、場合によってはキャッシングをしたり、クレジットカードを作れたりするケースもあります。この場合のキャッシングは、審査基準の緩い中小規模の消費者金融がおすすめです。また、カードを作る場合は、やはり審査基準の緩い、量販店やスーパーなどの流通系カードがいいでしょう。
一方で、1度にあまり多くのキャッシングやローンの申込を行うと、返済が難しいのではないかとみなされて、審査に落ちてしまうことがあり、俗に申込ブラックといわれます。申込件数は、1度に3件程度までにとどめるのがいいでしょう。


主婦借入については主婦借入SR232