ノロウイルスの猛威が止まりません

最近は何かと食中毒であるノロウイルスの話題が目に付きます。

ほとんどが集団食中毒のようですが、報道されていないだけで水面下ではどうなっているのか分かったものではありません。

アルコール消毒では効果がないようなので次亜塩素酸による消毒が推奨されています。

ノロウイルス対策には次亜塩素酸による消毒が推奨されていますが、どのようなものかといいますと漂白剤の一種ですね。

スプレータイプで数多く市販されているようで、検索しますといろいろと出てきます。

種類が多いのでよく読んでから購入しないといけないようです。

またアメリカでも猛威を振るっているのか、カリブ海の観光客船で600人がノロウイルスに感染したらしく、嘔吐や下痢など食中毒が症状ですが、暖かいカリブ海でもノロウイルスの強力さは衰えないようです。

今までの公共機関等に置いてあるアルコール消毒液では、まだ寒さが続く3月上旬まではノロウイルスには対抗できないので、同じスプレータイプの消毒液である次亜塩素酸による消毒の必要性が出てきそうですね。

クレベリンの効果は、こちら